増富は、秀峰、名水、温泉等の豊かな自然資源に囲まれ、農業や林業といった昔ながらの生活を守り続けてきた農村です。

「元気になりたい。そして、増富をもっと多くの人に知ってもらいたい」という想いで、農村ならではのイベントを企画したり、新しい特産品の開発をしたり、木質バイオマス資源の活用に向けた調査をしたり・・・増富地域再生協議会では、地域活性化に関わる様々な取り組みを行っています。
増富地域再生協議会とは
増富地域再生協議会は、多様な組織の持つ資源や知恵を結集し、北杜市の作成する地域再生計画の協議および実施を連携し進めることで、地域資源を活用した都市と農村の共生対流による地域活性化に臨むための協議会です。
ロゴマークの意味
  • 2008年
    3月15日
    設立総会
  •  
    7月
    増富地域再生計画が内閣府から認定を受ける
  •  
    11月
    御門集落の棚田再生(開墾)
  •  
    12月
    長野県飯田市のグリーンツーリズム事業(農家民泊)視察
  •  
     
    山梨県早川町のバイオマス温泉(ヴィラ雨畑)視察
  • 2009年
    1月
    地域内の歴史文化資源調査
  •  
     
    食養生セミナー(1月〜3月の3回)
  •  
    2月
    農家民泊体験ツアー
  •  
     
    増富温泉峡バイオマス化に向けた調査「地域内における木質バイオマス資源量の調査」
  •  
     
    地域内交通改善のためのアンケート調査
  •  
    6月
    北杜市デマンドバス実証エリアへの応募
  •  
    8月
    サマースクール増富
  •  
    11月
    増富歴史文化トレッキングツアー実施
  •  
     
    秋田‘いぶりがっこ’視察
  •  
    12月
    いぶりがっこ小屋(燻製小屋)作りワークショップ
  • 2010年
    1月
    いぶりがっこ作りワークショップ
  •  
     
    増富温泉峡バイオマス化に向けた調査「木質バイオマス資源の搬出から納品のシミュレーションと、温泉郷におけるエネルギー需要調査」
  •  
    3月
    HP開設
  •  
     
    増富歴史探訪ガイドブック作成

swiss replica hublot best hublot replica omega replicas watches